正しいまくらの当て方

調整に来店されるお客様で誤った枕の当て方でご使用されている場合があります。
そこで、ご使用方法について簡単に説明させていただきます。

枕を当てる前に

枕の中身に片寄りがないようにバランスよくならしてからお使い下さい。

正しいまくらのあて方講習中!
正しいまくらのあて方は頚椎にまくらをする気持ちで!!

○正しい枕の当て方


●首が枕にのって肩口が枕のすそにつく
●後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支えるので、
 身体に負担のかからない良い状態を保ちます

×間違った枕の当て方


●枕と肩の間に隙間があき、首が不安定な当て方

「自然に立った姿勢をそのまま横になって保てるのが理想的」「この隙間を埋めて首を支えるのが、枕」

首筋に隙間はあいていませんか?
理想の枕はS字カーブを保ち安定感のある枕です

人は立っているときの正しい姿勢を、横になった寝姿勢で保てると快適に眠れます。まっすぐ立った時、横から見ると人の背骨はなだらかなS字カーブを描いています。そのため、敷き寝具とからだの間には隙間が生まれます。
この隙間のうち、首(頸部)の隙間を埋めるものがまくらです。首の隙間を無理なく埋めることができるまくらこそ、安定感があり快適なまくらです。

あなたは何センチ?体圧による測定が理想です

「高さ」まくらの高さは人それぞれ。立っているときの姿勢を横になった寝姿勢で保てるまくらの高さを選びましょう。低すぎも、高すぎもよくありません。まくら屋ではより正確に測定する為に実際に敷き布団の上に寝て頂き頚椎と背中にかかる圧力を測定しお客様に合った高さを割り出します。 高すぎる枕だと首や肩の筋肉に負担がかかり、あごが引けて気道が圧迫され、呼吸もしにくくなります。仰向けの姿勢が辛くなるので、横向きの姿勢が増えます。また、まくらがなくても眠れるとまくらを使わない人もいますが、それは危険です。首が伸びてあごが上がった状態になることで血液が頭部に下がり、脳に刺激を与えてしまうことになり不眠の原因になります。

横向きに寝る時は、姿勢をまっすぐ支えるために、まくらの高さも肩幅分の高さが必要となります。実際に横になって、頭の中心から背骨のラインがまっすぐになる状態かを確認しましょう。首が下がっていないかを確認することが大切です。

仰向け寝と横向き寝、良い寝姿勢で寝ているかをまくら屋のアドバイザーにチェックしてもらいましょう。

良い枕の条件は自分に合った高さ・形状で気持ちの良いまくら

「大きさ」
寝返りしても頭が落ちず、肩先までをしっかり支えるサイズは、横幅 60センチ以上です。まくらは端から端までゆったりと使いましょう。

「中材」
中材のかたさは、リラックスできるかどうかを実際に試し寝をして比較し、お好みのかたさを選びましょう。熱がこもらず、通気性のよいものがおすすめ。洗濯できる素材を選ぶと衛生的です。

枕だけ選んでいませんか?敷き寝具の硬さによって枕の高さが変わります
敷き寝具と枕のバランスが重要です!!

枕の高さは敷き寝具との関係によって変わります。敷き寝具の沈み込みによって頸椎ラインが変わってしまうからです。購入時に寝た敷き寝具と、ご自宅の敷き寝具のかたさか異なる場合、体の沈み込みが変わるため、枕の高さが変わってしまいます。枕だけでは必ずしも体の S字ラインを保つことはできません。そのような時はもう一度ご自宅の敷き寝具に合わせた高さに再調整するか、敷き寝具も一緒に見直してみましょう。まくら屋ではご自宅への無料出張でのメンテナンスもお受け致します。

ゆったり・リラックス出来る気持ちの良いまくら

京都西川のまくら「プレミアムローズチューンピロー」は、仰向け寝と横向き寝どちらにも合わせやすいよう、中材の量を増やしたり減らしたり出来ます。基本的に真ん中がくぼみ、両サイドが高めに作られています。一人ひとり違う頭の形状に細かくフィットさせるために 3D調整できる、 5分割されたパーツの差し替えも便利。上下、左右、前後いずれの方向にも細かく調整できることにより頚椎のカーブをきちんと支え、細かい調整ができるのでオススメです。中材も 8種類。お好みのものを選んでお試しくださいまくらの中身の調整もご購入後お客様に納得いただけるまで何度でも無料で高さ調整のメンテナンスをさせていただきます。定期的にメンテナンス調整を行うことで最適な状態で長くお使いいただけます。尚、ご購入後中材の種類を変える場合は、有料で入れ替えを致します。

このページの先頭へ戻る