羽毛リフォーム事例

ダブルサイズの掛け布団の仕立て直しリフォーム

2015年12月9日(水)

宮城県仙台市にお住まいのK様より、「羽毛布団から羽毛がでている状態でカバーを開けると羽毛が出てくるのでどうしたらいいですか?」 とご使用年数10年位のダブルサイズの羽毛布団を持ってご来店頂きました。
早速、羽毛を少量取り出して、羽毛ダウンの状態を診断させて頂き、羽毛丸洗いリフォーム(プレミアムダウンウォッシュ)をされれば、羽毛は再生できると判断し、説明にご納得頂きリフォームのご依頼を頂きました。
エクセルグース90%の足し羽毛を400gし、80サテン超長綿の生地でご依頼頂きました。
仕立て直しされた羽毛布団は写真のようにふわふわに蘇りました。



シングルサイズの羽毛布団2枚をシングルサイズ1枚にリフォーム

2015年11月23日(月)

仙台市若林区のT様よりお電話にて仕立て直しのご依頼を頂きました。羽毛布団を診断した所、長年ご使用され衿元の汚れやヘタリがかなり進行しておりましたが、処分するにはもったいないということでシングルサイズの羽毛布団2枚をシングルサイズ1枚にリフォームすることに。来客用の羽毛掛け布団として蘇りました。まだまだ、長くお使い頂けます!


クィーン掛布団仕立て直しリフォーム

2015年11月1日(日)

仙台市青葉区の I 様よりお電話にて使用年数が18年のクィーンサイズの羽毛布団の仕立て直しのご依頼を頂きました。羽毛布団の診断をした所、ダウンの傷みも少なかったのでリフォームすることに。新調の側生地は、インドハイブリットの超長繊維綿「ラムコ」を使い仕立て直しをさせて頂きました。リフォームをする事でボリューム感もしっかり蘇りました。


このページの先頭へ戻る